ファスティング初体験 前編

ずっと前から気になっていたファスティング。いわゆる断食。

ドイツでは保険対象でファスティングをして治らない病気は何をやっても治らないと言われるほどファスティングが認められているらしいです。また、近くで言うと長崎のペンギン水族館のペンギンも月に1度ファスティングを取り入れて寿命が延びたのだそう。

いい、とは聞いていたけれど具体的に何がいいのかやってみないとわからない。

福岡の篠栗にファスティングの宿があると聞いていたので、友人3名で予約!

ついにこの日がやってきました。

若杉屋。

この辺りは、お遍路さんの宿として昔栄えた場所で、山奥にもかかわらずたくさんの旅館が立ち並ぶ地区。

しかしながら、昨今はお遍路さんが減り、日帰りで回るバスツアーなどが人気らしく、閉業している旅館がほぼで、この若杉屋もその一つだったそうですが、ファスティングの宿として現在は人気なのだそうです。

入ったら、それはもう立派な旅館ですが、もうファスティング感出てる

ネットで見てたハンモックだ!

そしてお迎えして頂き、色々説明を聞き詳細を知る…

本当に来ちゃったー、

食事の時間なんてもちろんない。

酵素ドリンクのみ…やっていけるの?私ら。

まずは計測から。

そして、はじめての酵素ドリンク

女将さんの「お食事ですよ〜」に

小さく笑う…

この酵素ドリンクを

1日に4〜5杯飲みます。美味しい

飲めば、空腹はなくなります。そして色んなワークが用意されていました。

例えばこんな感じです

ハンモックに乗ってゆっくりしたり、ストレッチポールで自分の体感を感じたり、軽いトレーニングをしたりします。

食べてないので、体力は低下気味。なのでどれもゆったりとしたものでした。

次は森さんぽ。

本当に山の中なので、空気が澄んでいてとても気持ちいい。鳥の声とか、川のせせらぎとか聞こえてきます

ゆっくりと森の中をさんぽするなんて

いつも時間に追われてたからなんだか、いいのかな?って気持ちも少しあったりして、でも今を満喫しよう!っていう気持ちと、まだけんかしてたかな、この頃は。

宿に戻り、再び酵素ドリンク。

その後のんびりとした時間を過ごし、

今思えば、ファスティング滞在のポイントともなる「呼吸の時間」

若杉屋の女将さんは5名ほどかな?いらして、みなさん体のことに驚くほど詳しい方々。

全てのワークを女将さんが担当されます。

「呼吸の時間」は、ヨガの要素が入ったものでした。その流れで眠りのワーク。

薄暗い部屋で瞑想しながら、1日を振り返るとても有意義な時間。そして眠りに入りやすくなるように軽いストレッチをします。

この宿での過ごし方として、朝日とともに起き、行動し、暗くなれば眠りに入るという自然の流れに沿って生活をするというルールがあって、それは、だんだんととても贅沢な時間に思えてきました。(食事出ないのに)

眠りのワークを終えたら、就寝。21:00

ここでは音楽もなく、テレビはロビーにあるけど誰もつけようとしない。もちろん食べ物の匂いもしない。あるのは、時間と本。

ワークのない時間は、思い思いに過ごせるので、とても楽でした。

私たちは、「今何食べたい?」とかそんなどうしようもない話に盛り上がって、食べれない辛さを実感するというSMゲームをしてました。

後編に続く…

………………………………………………

福岡 佐賀 まつ毛エクステンションスクール

moncils&co.

-----
資格取得のための福岡・佐賀マツエクスクール & シェアサロン
モンシルアンドコー(moncils&co.)
〒810-0041
福岡市中央区大名1丁目3-6 FLAPS 4階
電話:080-3220-0897
お問い合わせフォーム
公式サイト:https://moncils.com/
モンシルシェアサロン:https://moncils.com/lp